banner

資本金について

会社設立における資本金について

会社にはそれぞれ資本というものがあります。

資本は会社の規模や体力を表すものであり、株式会社の場合は貸借対照表の貸方は負債及び資本から成り立っているのが特徴です。

また、会社設立時に一定のお金を使って資本を作り出すのが特徴で、このお金の事を資本金と呼んでいるのです。

自らが持つ運転資金となる自己資本を払い込みし、払い込みが完了した後に通帳を記帳する事で払い込み証明が可能となり、その証明書や必要書類を合わせて、法務局の登記所で登記申請を行う事で会社設立が完了するのです。

また、資本金は従来であれば最低でも1000万円と言う金額が必要だったのですが、法律が改正され新会社法が施行された後は、最低資本金額は1円からとなっているのです。

しかし、このお金は会社の規模、会社の体力として世間から見られる部分でも有ることからも、1円と言う金額で会社設立を行うと言う事は少なく、100万円以上の金額を資本金として払い込みして会社設立を行うケースが一般的なのです。

また、お金の払い込みをしてから通帳の記帳を行う事で、そのお金を再び引き出して事業資金として利用する事が出来るようになるのです。

因みに、新会社法が施行されたことで、払い込みの証明書は通帳の記帳の写しで良くなっていますが、従来の法律では金融機関が発行を行う払い込み証明書が必要だったのです。

これから新しく作られる会社と言うのは、金融機関にとっては信頼できるものではない事からも、払い込みを行った後の払い込み証明書を交付してくれる金融機関は少なく、従来の会社設立では払い込み証明書の交付を行ってくれる金融機関を探さなければならなかったのです。

このことからも、新会社法が施行されたことで会社を作り易くしていると言う事が明確になります。

因みに、このお金の金額が多くなることで会社の繰り越しは楽になりますので、金融機関からの資金調達を行わずに運営を行なう事も可能になるのです。
また、会社設立当時は100万円と言う金額で会社を作っても、増資と言う形で後から追加する事も可能になっており、会社の規模を大きくする場合などでは増資を行う事で、会社の体力を大きくすることも出来るのです。

また、この金額は1000万円と言う額面に対し、1000万円以上の場合は、設立初年度から消費税の課税業者となり、1000万円未満の場合では消費税は2年間免除される等のメリットを持っているのです。

Copyright(c) 2014 会社設立で失敗しない為に抑えるべき必要な要素All Rights Reserved.