banner

挨拶状の文例

会社設立の際の挨拶状の文例について

勤め人ならだれでもいつかは自分で独立して会社を興し、自分で会社を設立するということを夢に描いていることでしょう。そして現在では会社法の改正により会社の設立に多額の費用はいらなくなり、資本金や社員でさえもかなり少数でも会社の設立が可能ということになりました。そのため会社を存続させるためのノウハウさえあれば、会社を設立することで設けを得る可能性があります。しかし気をつけなければならないのは挨拶状です。

日本では何よりもまず礼儀を重んじますし、会社を独立して自分の会社設立をするとしても、周囲の助けが全く得られない状況では会社を存続させるということは非常に難しいです。

特に従来の会社を辞める方は従来の会社の方とのコネクションを絶たれてしまうのは、会社経営の観点から非常に痛いです。しかし会社を独立するということは商売敵になる可能性もあるわけですので、そこにはどうしても緊張感が付きまといます。

そんな時にその間の緩衝材となってくれるのが、挨拶状という存在です。挨拶状にもいくつかの文例がありますので、会社設立の際の参考にしましょう。

まず円満退社して会社設立する際のあいさつです。これはまず季節のあいさつから独立する旨を告げて、今まで在職中に受けた助けを非常に感謝しているという旨を述べて今後とも仲良く付き合っていきたいと思っているという旨を説明するといいでしょう。

こうすることで、決して今の会社が嫌で独立するのではなく、自分のやりたいことを実践するために独立するということが会社側にとってもわかるので、今後とも付き合いを続けることができます。
ほかにも個人から会社設立する方が、今まで世話を受けてきた皆さんに感謝の気持ちを伝える際には、今までの皆さんの助けのおかげで会社設立までこぎつけることができたので非常に感謝しているという旨と、これからも皆さんの要望に応えられるように努力するという旨を伝えることで、会社を新しく設立し社長となっても今までの自分と変わりなく、驕ることなく感謝の気持ちを忘れていないということをアピールできますし、周囲の人たちからの助けというものも今後期待することができます。
ただ注意しなければならないことは、挨拶状はきっかけに過ぎないので決して相手をだますような形での使い方をしてはならないという点です。もし挨拶状トム運するような行動をとれば、相手方の信頼を裏切ることになり、二度と助けを受けられないでしょう。

Copyright(c) 2014 会社設立で失敗しない為に抑えるべき必要な要素All Rights Reserved.